Copyright(C) All Rights Reserved 公益社団法人 全国社寺屋根工事技術保存会


檜皮葺の技法
檜(ヒノキ)の外樹皮を葺材として利用する「檜皮葺」
世界の建築史上でも他に類を見ない日本固有の屋根葺手法として独自の発達を遂げてきました。

椹(サワラ)や杉、栗などの材を小割りにした柿板を使う華麗な「柿葺」
地域によって、その技法や工具に個性が見られます。

植物の茎を使って屋根形状を形づくる「茅葺」
置き千木、芝棟など、地方色豊かに個性を表現しています

檜皮葺屋根の建物に優雅さを与えるだけでなく耐久力や保存力にすぐれた檜皮
古くから続く特殊な技法で檜の皮を剥ぎ取り熟練の技で仕上げられます






伝統技法に使用される道具