施設利用のご案内


当センターは、文化財保存技術研修及びその普及啓発のための施設です。 こ利用される皆様がお互いに気持ちよく使っていただくために、 ご協力をお願いします。


-利用の申込み-

1. 利用料金

施  設 広  さ 利用料金(午前) 利用料金(午後)
第1
会議場
34㎡
(34人)
4730円 6270円
第2
会議場
47㎡
(42人)
6480円 8640円
第2
資料室
53㎡ 7300円 9770円
実習室 53㎡ 7300円 9770円
製図室 17㎡ 2360円 3080円
第1
研修室
和室
八畳
1740円 2360円
第2
研修室
和室
六畳
1330円 1850円
第3
研修室
和室
六畳
1330円 1850円

 

 

2.付属設備

演台・スライド映写機・資料提示装置・データプロジェクター

3.利用時間の区分

● 午前 :午前9時~正午までの3時間です。
● 午後 :午後1時~午後5時までの4時間です。

4. 超過料金

● 利用時間を超える場合は、30分までごとに利用時間区分の30分当たりの額とし、10円未満の端数があるときは切上げとなります。

例:第 1会議室 午後利用で30分超過の場合
(6270円÷4)÷2=783.75円
端数を切上げて790円の追加料金

5. 申込方法


● 電話による予約
氏名・連絡先・利用施設 ・日時・目的をお尋ねします。
予約を受理した場合利用日の一週間前までにご来館のうえ、利用許可申請書提出と同時に利用料金を全額納入していただきます。
● 来館による申込(正式手続)
利用許可申請書の提出と同峙に利用料金を全額納入していただきます。

6. 受付期間


● 文化財保存技術関連の団体
利用日の12ヶ月前の月の初日から利用日の当日まで。
● 上記以外の一般利用
利用日の2ヶ月前の月の初日から利用日の当日ま で。

7. 受付時間


● 火曜日から土曜日の午前9時から午後5時までです。 ただし、 休館日は受付しておりません。


8. 休館日


● 日曜日、月曜日、祝日及び年未年始(12月28日~翌年1月4日まで)


-利用の制限-

1.利用の不許可


● センターの管理置営上に支障があると認められるとき。
● 他の利用者及び近隣に迷惑を及ぼすおそれのあるとき。
● その他,市長が利用を不適切と認めるとき。


2. 利用許可の取消し


● 京都市文化財建造物保存技術研修センタ一条例及び規則並びに、これらに基づく指示に違反したとき。
● 災害その他不可抗力の事由によって、施設の利用ができなくなったとき。
● 正当な理由によらないで利用の目的内容を変更した とき。


3. 利用権の譲渡等の禁止


● 利用許可を受けた施設や設備の利用権は、譲渡・転貸することはできません。


4. 利用許可後の変更(利用日・期間・施設・内容)


● 利用許可後、利用者の都合による変更については、相当の理由があると認めた場合を除き認められません。


5.利用料金の還付


● 利用許可後、利用者の都合により利用を中止される場合利用日の1週間前までに申出がないと、既に納入された利用料金はお返しできません。
● 利用日(その日が2日以上にわたるときは, その初日)の1週間前までに利用を取りやめる旨の申し出(キャンセル)があり、相当の理由があると認められる場合には、半額をお返し致します。
● 管理上の都合により利用の許可を取り消した場合には、全額をお返し致します。


-利用上の注意-


こ利用に当たっては、下記の事項を守っていただくとともに必すセンター職員の指示に従ってください。


l. 利用許可書


● 利用当日は利用責任者が事務所に提示してください。


2.管理責任


● 利用施設・付属設備等は責任をもって充分な管理をしてください。
● 利用者の損害については一切責任を負いませんので盗難· 火災等の事故防止に万全を期してください。


3. 利用時間


● 許可された利用時間には、準備と後片付けまでの時間が含まれていますので、時間内に終了してください。


4.来場者


● 入場者の安全確保の策を講じてください。
● 団体等で入場される場合は利用者で人員整理を行っ てください。

5.喫煙


● 喫煙は指定場所以外厳禁です。

6. 原状の回復


● 利用終了後は利用者の責任で、施設及び付属設備等を原状に回復してください。
● 利用者が施設及び付属設備を汚損又は破損させたとき ば速やかに申し出て確認を受けてください。 この場合修理又は実費弁済していただきます。
● ゴミ等は、利用者の責任で処理してください。

7. 駐車場の利用


● 駐車場(3台)を利用される場合は利用許可申請時に同時に申込んでください。ただし、既に予約で満杯になっている場合にはお断りすることがあります。
● 駐車台数は限られていますので(3台)、できる限り公共交通機関をこ利用ください。

8.禁止事項


● 許可なく物品の展示、販売、飲食物の販売 ・提供、寄付金品を募集すること。
● 壁・柱・窓・扉等への貼紙又は釘•押しピン等を打つこと。
● 火気を使用すること。
● 許可なく特別の設備を持込むこと。
● 許可されていない施設又は設備・備品等を使用する こと。
● 危険な物品又は動物(ペットを含む)等を持ち込むこと。
● 騒音・怒声等を発し、又は暴力を用い他人に迷惑を及ぼす行為。